自分でライフプランを立てよう

今後の人生や生活のために詳しいライフプランを作ろう

ライフプランというもの

そもそもライフプランとはどういうものなのでしょうか。

言葉自体を簡単に説明いたしますと、自分自身の人生を設計すること、さらには生涯の生活設計をすることになっています。

では、具体的にはどんな感じになっているのでしょうか。
「何歳までに百万円貯める」とか「定年までにいくら投資しておく」のように資金計画が一番に挙げられますが、それだけでなく自分の家族の将来やキャリアや健康に関することも含まれます。
「子どもを大学までに行かせたい」とか「何年後には出世しておこう」「もし手術となったらこうしよう」というようなのが一例ですね。

これらを見てみておわかりでしょうが、要するに自分や家族が生きていくための暮らし方のプランをそう呼んでいます。

なぜ必要なのか

ところで、なぜこのライフプランが必要になってくるのかご存知でしょうか。

それには、今現在の日本の状況が影響しています。
昭和や平成初期に当たり前になっていた終身雇用制度や年号序列の崩壊、さらには少子高齢化社会などこれまでの安定していた人生を歩める保証はこの数年で崩壊してしまいました。

そんな状況になってしまった以上、私たちはどうすればいいのでしょうか。
自分で自立して生きていく。
そして自分の大切な家族を守っていくためには、この現状を把握して自分たちが幸せで安定した生活を送れるように目標や計画を立てないと生き残れなくなっているのです。
ちょっと人によっては難しかったりするかもしれませんが、これが出来ていれば少なくとも辛い思いはしなくていいでしょう。